1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

三吉彩花「Seventeen」卒業式、涙で7年に幕…広瀬すず、江野沢愛美らサプライズ<Seventeen 夏の学園祭2017>

【三吉彩花/モデルプレス=8月24日】24日、パシフィコ横浜・国立大ホールにて雑誌「Seventeen」の読者招待イベント「Seventeen 夏の学園祭2017」が開催され、11月号をもって「Seventeen」を卒業する三吉彩花の卒業式が執り行われた。

【さらに写真を見る】広瀬すず、三吉彩花、永野芽郁ら「Seventeen」モデルと竹内涼真、中川大志、志尊淳ら豪華集結「Seventeen 夏の学園祭2017」

母親からのメッセージが読み上げられると三吉はこれまでを思い出したように涙。ステージでは広瀬すずが送辞を、そして三吉が答辞を読み上げた。

2010年「ミスセブンティーン」として同誌デビューし、トップモデルとして7年に渡り、人気を集めてきた三吉。後輩のSTモデル「わたしは皆のことを後ろから見守ってきた、その努力は明日からのSeventeenに生かされると思うとみんなの先輩で要られて本当に幸せです」とにっこり。「いよいよ卒業するんだと思うと寂しい気持ちもあります」と言いつつ「ここから新たな私が出発するという素敵な日。こんなに沢山の人が来てくれて温かい声援を頂いて本当に恵まれているし、今すごく幸せだなと思います」と前を向いた。

「Seventeenを卒業したらモデルの三吉ちゃんが見られないのでは?と言われるのが切なくて寂しい。決して会えなくなるわけではない。これで終わりとは思ってほしくない」と心境を明かし「モデルとして、女優として表現者として皆さんにあたらしいことたのしいことをお届けしていきたい」と新たに意気込んだ三吉。「7年間、長かったような早かったような不思議な感じ。7年間、Seventeenのモデルでいられて幸せに思っています。これからも応援して頂けたら嬉しいです」と呼びかけた。

ラストウォークでは涙を拭き、一歩一歩ゆっくりと歩み、最後には深々とお辞儀。広瀬が三吉に声をかけると、STモデルが一列に並んで「せーのっ」の掛け声で客席から「三吉ちゃん大好きー!」とファンやモデルたちからの直筆メッセージで作成されたパネルが登場。三吉は再び涙を流し、サプライズに感謝。その後、“みよまな”の愛称で親しまれた“親友”江野沢愛美からのメッセージや写真撮影でも涙し「もうサプライズばっかり」と笑顔を見せた。

◆今年で21回目の開催「Seventeen 夏の学園祭」


1997年から始まり今年で21回目となる同イベントには、抽選で招待された計3000名の「Seventeen」読者が来場。女子中高生に人気の実力派お笑いトリオ・ジャングルポケットが司会を務め、全STモデル&今をときめくイケメンタレントによるファッションショー、欅坂46のアーティストライブを実施。さらに、「Seventeen 専属モデルオーディション」のグランプリを受賞した「ミスセブンティーン2017」をお披露目された。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)