1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

上田竜也、KAT-TUN充電期間中に連ドラ初主演「成長する役目をしっかり果たす」

KAT-TUNの上田竜也が、テレビ東京系列にて10月クールに放送される『新宿セブン』(毎週金曜24:12〜)にて、連続ドラマ初主演を務めることがわかった。

「漫画ゴラクスペシャル」(日本文芸社)で連載中の同名コミックをドラマ化した本作。新宿歌舞伎町の“質屋”を舞台に、アウトローな主人公が訳ありなお客と関わり、トラブルに立ち向かう痛快なヒューマンミステリードラマだ。質屋の店主で、抜群の鑑定眼を持った主人公・七瀬(上田)が、「物」の真贋を見極めると同時に、依頼人の悩みや事件を解決するというストーリーが展開する。

オファーを受ける前に原作を読んだことがあったという上田は、「この作品をやらせてもらえるんだ! とびっくりしたのが素直な気持ちです」と率直な感想を語り、「こういった役柄は絶対にやりたいと思っていたので、引き寄せられたというか……。自分の持っているものを上手く引き出しやすい役かなと思います。決して“いい人”ではない。でも、芯に曲げたくないことは絶対的にあって。自分の中でやっちゃいけないことの信念があり、そして熱い部分を持っているので、“全然理解できない!”というよりは、自分に考え方が近いと思います」と、演じる役の印象を。また、「自分もこうだと思ったことを曲げたくなかったりするので、そういった面では七瀬の鑑定する時の思いだったり、性格も似ている部分があるので、勉強し甲斐があるなと思っています」と共通点や心がける部分などを明かした。

さらに、本作で連ドラ初主演を務めるこことなり、「今までいろんなドラマに出させていただきまして、やることは今まで通り“全力でやる!”ということは変わりないのですが、やっぱり芝居が好きで、芝居をやっていく上で、主演というのはひとつの夢だったので、すごく嬉しく光栄に思います」と喜びを露わにした。

アクションシーンについては、「すごく楽しみですね。自分の気持ちとしてはガンガンやっていきたいです!」と目を輝かせ、「どんな要望にも応えようと思いますし、やり甲斐があります」と意気込んだ。

そして今回、主題歌も上田が担当。初めてソロで歌うこととなり、「参加させていただくことが自分の成長に繋がっていくと思うので、充電期間にメンバーそれぞれが成長するという役目をしっかり今回も果たして、全力で歌いたいなと思います」と決意を固くし、「それがうまくドラマの世界にハマればいいな。自分が成長することによってグループの活動に結びついていくと思っています」と語った。

同じくKAT-TUNのメンバーである中丸雄一は、4月クールに放送されたドラマ『マッサージ探偵ジョー』で主演を務めており、上田も視聴していたらしく「中丸くんらしい、すごくハマったと役いうか、シュールでいいところが出ていましたね」と絶賛。その一方で、「中丸くんがやっていたジョーの主題歌もドラマの世界観に合ってましたが、今回自分がやらせていただくことになり、 “自分の色”みたいなものが明確に出ると思うので、『新宿セブン』の世界観を自分の中でも楽しみたいと思います」と意欲を見せている。

そんな中、『新宿セブン』というタイトルにちなみ、新宿の思い出を聞かれると、「ジャニーズ Jr.の時には、レッスン帰りに新宿を通っていたので、ゲーセンに行ったりとよく遊んでいました。中丸とは新宿を練り歩いてました(笑)」と懐かしんだ。

最後に、「キャスト、スタッフの皆さんと一緒にいろんなことを話し合って、最高の作品を届けることをお約束します。是非楽しみに待っていてください」と視聴者へメッセージを送っていた。 </span>

Let's block ads! (Why?)