永瀬正敏、台湾映画イベントにサプライズ登場 女優が思わず涙&ハグをおねだり

 俳優の永瀬正敏(51)が19日、都内で行われた台湾映画『52Hz のラヴソング』(12月16日公開)のトークショーにサプライズゲストとして登壇。先日誕生日を迎えたウェイ・ダーション監督(48)を祝福するために駆けつけ、観客から大歓声が沸き起こるなか、花束やケーキなどを贈った。

 永瀬は、ウェイ監督がプロデューサーを務めた映画『KANO 1931 海の向こうの甲子園』(2014年公開)で起用され、その後も交流が続いている。永瀬が「おめでとうございます。今回、お会いできてよかった。愛に溢れた素晴らしい作品でした」と声をかけると、ウェイ監督は「本当にびっくりしました。永瀬さんは優しくて暖かい…。うれしいです」と満面の笑みで喜んだ。

 同作は、台湾・台北を舞台にバレンタインデー当日のロマンスを描く。トークショーにはそのほか、キャストのシャオユー(31)、シャオチョウ(32)、ミッフィー(32)も登壇した。

 映画『KANO』の大ファンだったシャオチョウは「ちょっと待ってください、涙が…。おトイレに行ってきてもいいですか?」と“憧れの人”のサプライズ登場に感極まる一幕も。「ハグしてもいいですか?」というリクエストに永瀬が快く応じ、シャオチョウは感激しきりだった。 </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.