“踊る次世代の裕次郎”岩永ジョーイ「自分の人生が180度変わりました」

JALカードweb動画の第2弾「楽しすぎるクレジットカードの支払い方」が好評公開中。ノーカットで撮影した映像の始まりと終わりを逆転させて再生するという、面白い趣向が話題を呼んでいる。

【写真を見る】驚異の身体能力! 岩永ジョーイがアクロバティックなポーズも決めた

今回は“逆再生動画”でキレのいい動きを披露している岩永ジョーイにインタビューを敢行。昨年、16年ぶりに開催された「石原プロ次世代スター発掘オーディション」で準グランプリを受賞し、芸能界デビューを果たした注目の若手俳優である彼が、撮影の裏話をたっぷりと明かした。

動画の演出と振付を監修したダンスパフォーマンス集団「Quest Crew」のメンバー・HOKとの交流や石原プロに入社して1年がたった今の心境、俳優としての目標など、ジョーイ の素顔が垣間見える楽しいエピソードも紹介!

――今回のweb動画に出演することになった経緯をお聞かせください。

動画の演出と振付を監修している(小西)北斗さん(=HOKの名前で活動)からの電話がきっかけです。北斗さんとはすごく仲良くさせていただいているんですけど、急に連絡が来るということはあまりなかったのでびっくりしました。

しかも、ロサンゼルスからの電話だったんですよ。時間的に日本は夕方だったので、向こうは何時なんだろうって(笑)。その時に、JALカードのCMで日本人キャストを探していると言われて、「パッと思いついたのがジョーイだからやってくれないか?」って頼まれたんです。

その話だけだとどんな感じなのかよく分からなかったので「あ、あぁ」みたいなリアクションしかできませんでした(笑)。でも、北斗さんとだったら面白そうだからやってみたいなと。ロスの友達と日本で仕事ができる喜びとうれしさ、それと同時にどこか不思議な感覚があったりして。

いざ、フタを開けてみたら逆再生で映像が展開されるという難しそうな内容だったけど、どんどん興味が湧いてきました。

――撮影までの準備は大変でしたか?

今回は、ゼロから作っていった感じです。パフォーマーのオーディションもやりましたし、こんな技、こういう人を起用したいとか、僕も相談させていただきました。とにかく、考える時間が長かったですね。どういう動きが面白いのか、ずっと考えていました。

――作品の構成が決まるまで時間が掛かったということですか?

みんなでいろいろ考えた後に絵コンテが出来上がって、実際に動いてみたんですけど「イメージと違うな」とか「これ、意外と普通の世界でもできちゃう動きだね」って、逆再生した映像をチェックしていたら、直したい部分がたくさん出てきたんですよ。

頭で考えたものとの違いが結構大きかったんです。なので、ひたすら考えて作って確認。そして、また修正して作るの繰り返し。この試行錯誤は結局、本番ギリギリまで続いていました。

――実際に動いてみて分かったことも多かったんですね。

頭で考えている時は、すごい技だったり、すごい動きだと思っていたものが、逆再生してみると案外普通の見え方になったり するんです。例えば、バック宙は跳んで後ろに回転しますよね。これを逆再生すると、跳んで前に回っている動きになるんです。だったらわざわざ逆再生にする必要ないですよね。

だから、何か技をやるというよりはちょっとコケてみたりとか、物を落とすとか、本当にシンプルな方が面白く見える場合があるんです。もう、脳みそが焦げるぐらい、いろいろなことを考えましたよ(笑)。遊んでいる時にいいアイデアがひらめくこともあったりして。一秒、一秒が大事で、無駄な時間は一切なかったです。

――ジョーイさん自身、何かひらめいたものはあったんですか?

あったんですけど、却下されちゃったのかな?(笑) 時間尺の問題もあったので、ひらめいたアイデアを全部取り入れるということは難しい。どの動きを、シーンをどうやって詰めていくか。みんなで考えながら、最終的に北斗さんがまとめていきました。

北斗さんと僕とで考えたという意味では、靴を履くシーンは二人のアイデア。実際は、ただ靴を投げているだけなんですけど、逆再生すると靴を履いているように見える。あれは面白いなと思いました。

――考えに考え抜いたプランを基に迎えた本番当日。撮影時間はどれくらい掛かったんですか?

お台場ヴィーナスフォート さんを借りて撮影しました。使える時間は店舗の閉店から開店の時間まで。当日は、夜の11時に現場入りして、そこから衣装の準備など何やかんやあったので、結局深夜の1時か2時ぐらいからリハーサルでした。

リハーサルも、やればやるほど修正点が見つかって、それを直すだけでも時間が掛かるし、カメラマンとの動きの打ち合わせも

あるから、気が付いたら明け方に。だから、“本番”開始は朝の5時ぐらいでした。

――もう、数時間しか残ってないですね。

そうなんですよ。長回しの一発撮りなので、間違えたらまた最初から。みんな神経を使って取り組んでいたし、空調も効いていない環境でしたから汗だくになってやっていました。今、思い出しても過酷な現場でしたね。

――“長回し”が、この動画の面白さを引き出している感じがします。

北斗さんのこだわりなんですよ。映像を見ている人が混乱するように作っています。逆再生なんだけど「あれ? ここ普通に歩いているよね?」とか、わざとトリッキーに撮影している部分もあったりするんです。

――ジョーイさんはHOKさんに対して、どんな印象を抱いていますか?

北斗さんと僕は育った環境が似ているんです。僕は日本で生まれてすぐロサンゼルスへ。ロスで16年間過ごして日本に住み始めたのは、ここ5、6年ぐらいです。北斗さんは日本で生まれて、その後にロンドンへ。

子供の頃はロンドンで育って、高校から20歳ぐらいまで日本。そして、今度はロスへ。日本で生まれて海外に長く住んでいるんですけど、北斗さんは日本人としてのアイデンティティーを強く持っている方。

昨年「エミー賞」を受賞されましたけど、アメリカでも日本でも何かをしたい、きっと何かできると思っているんです。

それは、変なプライドではなく純粋な北斗さんの思い。和の心が根底にあって、侍スピリッツを大切にしながら1つ1つの仕事に取り組んでいる姿がステキです。今回の撮影はかなり大変でしたけど、最後まで北斗さんに付いて行こうと思いました。

――あらためて動画の見どころをお願いします。

とにかく何回も見たくなるようなクセになってしまう映像だと思っています。ちょっとした動きや表情、カードの使い方など、いろいろなところにヒントがちりばめられているので、何度も何度も見ていただいて、何か気付いたら動画にコメントを残してください。よろしくお願いします!

――ありがとうございます。ところで、ジョーイさんは石原プロに入社して1年ちょっとたちますが、この1年を振り返ってみていかがですか?

全ての現場や身の回りの出来事を鮮明に覚えている1年でした。自分の人生が180度変わりましたから、忘れることはできません。特に入社して最初に体験した「炊き出し」は、まさに“THE石原プロ”という感じで(笑)、舘(ひろし)さんや神田(正輝)さんと一緒に参加させていただいて、何もかもが初めてだったので無我夢中でした。

皆さん、本当に優しい方たちばかりで、分からないことがあると、すごく丁寧に教えてくださるんです。慣れないことばかりで緊張しましたけど、精いっぱいやらせていただきました。

――入社する前と後で、石原プロのイメージは変わりましたか?

入社する前は、やっぱり“石原軍団”というイメージが強かったです。でも、入ってみるとすごくファミリー感がある会社だなと。もちろん、最低限の礼儀や厳しい上下関係はありますけど、それ以外はとてもラフ。

事務所にも遊びに行くような感じで顔を出せるので、少なくても月に1回、多い時は週に1回は行って、先輩方と将棋を打ったりしています。

――事務所で舘さんや神田さんとばったりお会いすることはあるんですか?

それは、まだないですね。 今年の新年会ではお会いしましたが、事務所でばったりという機会はありませんね。どうしても、お二人にお会いするとなると心の準備が必要ですから。まだ、お会いできなくて良かった…あっ、いや、良くないですよ、すごく残念です(笑)。

――俳優として、映画「HiGH&LOW THE MOVIE 2・3」(8月19日/11月11日公開)や「デメキン」(2017年冬、公開予定)など、出演作が待機中ですが、ご自身の演技については?

まだまだ、分からないことだらけですね。ただ、芝居はすごく楽しいですし、現場にいる時間が大好きなんです。撮影前になると「早く現場に入りたい!」って思っています。作品ごとに現場の空気感が違うところが面白いですよね。「HiGH&LOW〜」は出演者たちがみんなカッコイイんですよ。それぞれが、ちょっとしたしぐさや表情などを大事にしていて、とても刺激を受けました。

「デメキン」は、役者としてはみんな僕よりも先輩なんですけど同世代が多くて、1人1人が「誰にも負けない!」という思いを強く持って撮影に臨んでいる感じでした。僕は不良の役だったんですけど、みんなのテンションが上がっているから遠慮がいらないと言いますか、思い切り演じることができました。

男ばかりの現場ということもあり、撮影が進むにつれてどんどんみんなの精神年齢が下がっていくんですよ。制服を着たままバカ話で盛り上がったりして。僕は日本の高校生活を経験していないので、青春ってこんな感じなのかなと思いながら楽しくバカをやっていました(笑)。

――俳優としての“野望”はありますか?

石原プロが制作した映画「栄光への5000キロ」と「ある兵士の賭け」を見た時に、これはハリウッド規模の作品だなと思ったんです。今から何十年も前の作品なのにすごいなって。あらためて石原裕次郎さんの偉大さを感じました。裕次郎さんは海を見て育ち、ずっと海外を見てきた人。

以前、石原プロの50年史を読んだ時に、裕次郎さんとエルビス・プレスリーが並んでいる写真を見つけたんです。僕は小さい頃からエルビスの大ファンで、実は裕次郎さんを初めて見た時に日本のエルビスだと思ったんです。

アメリカでは、僕と同じ世代の人たちも当然のようにエルビスのことを知っているけど、日本の若い人たちは裕次郎さんの名前は分かっても、作品や歌に触れたことがない。

そういう感覚をどこかで変えていきたいという思いはあります。日本にはすごい人がたくさんいたことを、若い世代はもっともっと知っていかないといけない。

僕自身も、それは同じ。まだまだ勉強することが多いですけど、日本の映画はどこの国にも負けない素晴らしい作品が多い。そんなエンターテインメントをハリウッドに広げていくことができたらいいなと思っています。

――最後に、ジョーイさんが1日の中でホッとできる時間についてお聞きしたいのですが。

う〜ん、何だろう。それは、やっぱりダンスですね。どんなに疲れていても、踊りたいという気持ちがなくなることはありません。むしろ、どんな時でも踊りたい(笑)。小さい頃からやっている愛してやまないもの。自分が一番表現しやすいですね。友達と踊っている時の空気感が大好きなんです。

踊っている間は無心になれますしね。それこそ、JALカードの動画撮影は朝の8時頃まで掛かったんですけど、その日の夜も北斗さんと踊りましたよ。一旦、リセットした後に集まって踊ろうかって。それぐらい、好きですね(笑)。

取材・文=月山武桜

Let's block ads! (Why?)