1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

玉森裕太、小山慶一郎、古川雄輝が難事件に挑む『重要参考人探偵』初のドラマ化

玉森裕太(Kis-My-Ft2)、小山慶一郎(NEWS)、古川雄輝といったイケメン3人が華麗に事件を解決する金曜ナイトドラマ『重要参考人探偵』(テレビ朝日系列、毎週金曜23:15〜)が10月にスタートすることが決定。原作は、現在「月刊フラワーズ」(小学館刊)で連載中の絹田村子氏による同名漫画で、映像化は今回が初となる。

この作品は、なぜかいつも死体の“第一発見者”になってしまう主人公のモデル・弥木圭を玉森、そんな彼を救い出そうと名(迷)推理を披露するモデル仲間・周防斎を小山、聞き込み上手なもう一人の仲間・シモン藤馬を古川が演じる。

毎度毎度、事件に遭遇し、その度毎に“重要参考人”になってしまい、追い詰められる圭。そんな彼が、己の無実を証明するために仲間とともに力を合わせて事件の謎に立ち向かっていく“骨太ミステリー”な要素と、イケメンたちが災難に見舞われるという“エンターテイメント”な要素が絶妙に融合した、コメディタッチの本格推理ドラマとなっている。

今作の見どころはなんと言っても“イケメンモデル3人による華麗な事件解決”。主人公の圭を演じる玉森は、『信長のシェフ』(テレビ朝日系)、『青春探偵ハルヤ〜大人の悪を許さない!〜』(日本テレビ系)など数々のドラマで主演を務め、近年は実力派俳優としての呼び声も高い。アイドル、俳優として活躍する玉森が初のモデル役に挑戦し、難事件を解決していく。そして圭のモデル仲間で推理オタクの斎を演じる小山は、ニュース番組でのキャスターをはじめ、バラエティ番組でのMCなど、ジャンルを超えて活躍しているが、連ドラ出演は2012年以来、5年ぶり。久々の連ドラでどんな輝きを魅せるのか、期待が高まる。

さらに、もうひとりのモデル仲間、藤馬を演じる古川は、今や日本のみならず中国などアジア圏にも活動の場を広げている人気沸騰中の俳優。テレビ朝日のドラマ出演は、2011年放送の『アスコーマーチ〜明日香工業高校物語〜』以来となる。また、このドラマでは、原作コミックにはないオリジナルのヒロインが登場する。圭たちが遭遇する事件の捜査をする警視庁捜査一課の刑事で、図らずもいつも事件に巻き込まれてしまうという女性だ。詳しい役柄の設定や、キャストなどは後日発表予定となっている。

今回の作品について、玉森は「この作品は、モデル3人が毎回事件に巻き込まれ、その謎をどう推理していくか、というところが見どころ。僕が演じる弥木圭は、いつも死体の第一発見者になってしまうんですけど、つくづく不運な男ですよね(笑)。そういったときのひとつひとつの細かい表情なども大事にしながらお芝居していきたいですし、モデルという役柄なので見た目にも気を配らなくてはいけないと思っています」とコメント。そして、小山、古川とは初共演になるが、「小山くんは事務所の先輩ではありますが、実はテレビ越しで見ることが多いんです(笑)。“夕方の顔”ですからね! やはり知的なイメージが強いかな。めちゃくちゃ頭良さそう! 古川くんとは今日初めてお会いしたんですけど、お互いに人見知りの空気感をいち早く察知しました(笑)。でもこれから長い時間一緒にいられるので、どんどん仲良くなれたらいいなと思います!」と語っている。

小山は「この作品は一見コメディーに見えますが、遭遇する事件の中身はすごく芯を食っているので、見ごたえも十分だと思います。原作を読ませていただいたのですが、とてもスピード感があり、事件に巻き込まれながらも3人が推理をして解決していくという設定には斬新さを感じました。ドラマが進むにつれ、圭、斎、シモンの3人の関係性が見えてくると、より楽しめるのではないでしょうか」と述べ、玉森との共演については、「ジュニアのときから時間を共にしてきた気がするので、あまり後輩っていう感覚ではないかな。グループにいても引き立つ存在ですし、この作品でも僕らを引っ張ってくれると期待してます」と。そして、古川については、「背も高いし、“Theイケメン”! すごく雰囲気がありますよね。玉森くんも古川くんもシャイなので、いっぱい喋りかけながら仲良くなれたらいいな、と思っています!」と話し、「久々となる連続ドラマでのお芝居、楽しみです! 自分がいま持っている引き出しを開けてみて、そして挑戦できる作品に出会えた気がするので、この3カ月間必死で頑張ろうと思います! 撮影開始までまだ時間もありますし、3人の関係をしっかり作って臨みたいと思います」と意気込みを語っている。

古川からは「モデルである主人公が毎回事件に遭遇してしまうという設定はすごく斬新だと思います。キャラクターそれぞれもとても個性的なので、注目していただきたいです」と話し、玉森と小山との共演について「小山さんは?兄貴!”という雰囲気。玉森さんも僕もシャイ同士なので、現場では小山さんがムードメーカーになってくださりそうな予感です。役柄的には僕が演じるシモンがムードメーカー的存在なんですけどね(笑)。3人とも年齢が近いですし、楽しく撮影をして、それが画面を通して見てくださるみなさんに伝わるといいなと思います。この作品で、また自分が一歩成長できるよう頑張ります」と意気込みを語っている。 </span>

Let's block ads! (Why?)