1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

沖縄で5回目の開催『お笑いバイアスロン』決勝は8・26

 沖縄で2013年に始まった漫才とコントの総合力で競う“お笑い界の総合格闘技”『お笑いバイアスロン』が今年も開催される。26日に決勝戦を開催、QAB琉球朝日放送で生放送(後2:00〜4:55)。リップサービスの4連覇を阻む者は現れるのか。

【写真】3連覇中のリップサービス

 決勝進出者は、ファーストステージの出場順に、しんとすけ、リップサービス、ありんくりん、初恋クロマニヨン、ハンサム 、ドラゴンエマニエル、ピーチキャッスル、ノーブレーキ。これに敗者復活芸人を加えた計9組で、“笑いの総合力”を競う。

 敗者復活ステージに臨むの3組。1組目はクーターシンカ(大会推薦)、2組目はすっとこどっこい(ファイナリスト推薦)、3組目はぴろんぴろん下里(一般投票)。放送当日、生放送前に会場にてネタ披露。観客の投票により1組だけがファイナリストとなる。

 沖縄ローカルのお笑いコンテスト『お笑いバイアスロン』も5回目の開催となり、県内で活動する芸人たちにとって「もっとも価値のあるタイトル」として浸透してきた。決勝戦の審査員は、誰もが一度は耳にしたことがある人気番組の演出を手掛け、 全国区で活躍する数々の芸人たちと仕事をともにしている一流放送作家陣。そんな作家陣の目に留まる“千載一遇”のチャンスでもあることから、「ファイナリストとして決勝大会に出る」ことが、大きなモチベーションにもなっている。

 昨年は、リップサービスが第2回大会から3年連続で“粘り”の優勝を果たしたが、 誰も予想していなかったファイナリストの登場で大いに盛り上がった。ファイナル初出場のながら、その独特の世界観を武器に一気に準優勝にまで登り詰めたぴろんぴろん下里の大躍進により、視聴者プレゼント企画の3連単予想当選者がゼロという事態に。これまで優勝候補と言われながらメダルに手が届かなかった初恋クロマニヨンが3位を獲得するなど、じわりじわりとこれまでの勢力図が塗り替えられる気配が見られた。

 今大会は、リップサービスの4連覇か、新たな覇者の誕生か? 決勝戦審査員は、伊藤正宏氏、内村宏幸氏、鮫肌文殊氏、高須光聖氏、中野俊成氏の5人が務める。番組連動企画として、今年も上位3組を予想するプレゼント企画を実施。公式サイトでは16日まで当日の観覧者を募集中。

■番組公式ホームページ
http://www.qab.co.jp/biathlon2017/ </span>

Let's block ads! (Why?)