橋本千春の勝ち馬ピックアップ!(8/6) レパードS、小倉記念、他

2回新潟競馬4日目(8月6日・日曜日)予想・橋本 千春

新潟11R「レパードS」ダ1800?
◎(5)エピカリス
○(15)タガノディグオ
▲(1)タガノグルナ
△(2)ローズプリンスダム、(14)テンザワールド
 懇意のM厩務員から突然、ナゾナゾを出された。「あかるいところでは一つ、くらいところに二つあるもの、なんだかわかる? わからないよね」。わからないよ。オレに聞かないで直接、自分の子供に聞けよ。

 考えてみたら、競馬もナゾナゾと同じだ。出題者はJRA、謎ときには参加料(投資金)が必要で、正解しなければ没収されてしまう。それだけは、真っ平御免のワタシです。

 閑話休題。「関係者だから馬券は買えないけど、勝つのは、エピカリス」。M厩務員は断言したが、同感だ。ここまで、<4100>、唯一の2着はUAEダービー。わずかハナ差で長蛇を逸しているが、国内まして同世代なら実績、実力とも抜きんでた存在だ。真骨頂は、北海道2歳優駿。後にジャパンダートダービーを優勝する、ヒガシウィルウィンに2秒4の大差を付けて逃げ切り、その真髄を見せつけている。確かに、ベルモントSを取り消した影響は皆無ではないが、八分以上仕上がったとなれば期待して大丈夫だ。

新潟10R「驀進特別」芝・直線1000?
◎(6)ウランゲル
○(8)スペチアーレ
▲(9)レッドラウダ
△(3)アペルトゥーラ、(10)ダイトウキョウ
 ここに来て着実に力を付けている、ウランゲルをイチ押し。昇級戦のさくらんぼ賞でレジーナフォルテ(アイビスサマーダッシュ3着)相手に逃げまくり、0秒2差4着に粘ったのがその証し。千直競馬は2走前の、はやぶさ賞を圧勝(0秒4差)しているように、適性は高い。加えて、3戦2勝のコース実績も強調材料。

小倉11R「小倉記念」芝2000?
◎(10)ストロングタイタン
○(4)カフジプリンス
▲(13)バンドワゴン
△(6)ベルーフ、8サンマルティン
 マレーシアカップをレコードで快勝、勢いに乗る素質馬ストロングタイタンがついに、三度目(??着)の正直を果たす。そのための条件はMAXだ。調子はもとより、コース(4戦3勝)、距離(レコードを含めて3勝、2着1回)と実績は文句なし。前走比2?減のハンデ55?も勝利を後押しする。

札幌11R「UHB賞」芝1200?
◎(9)アルマワイオリ
○(5)エポワス
▲(6)アドマイヤゴッド
△(3)ヒルノデイバロー、(7)タマモブリリアン
 休み明け3戦目(??着)で上積みの大きい、アルマワイオリが決める。とりわけ、直線だけでアタマ・クビ差と迫ったバーデンバーデンカップは評価できる。もともと、朝日杯FS→アーリントンカップ連続2着している実力の持ち主。軌道に乗ったとなれば、チャンスは限りなく高い。

※出走表などのデータは、必ずJRA公式発表のものと照合して下さい </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.