橋本千春の勝ち馬ピックアップ!(7/29) 佐渡ステークス、薩摩ステークス、他

2回新潟競馬初日(7月29日・土曜日)予想・橋本 千春

新潟11R「佐渡ステークス」芝2000?
◎(4)ロイカバード
○(3)ケンホファヴァルト
▲(8)ロッカフラベイビー
△(5)グランドサッシュ、(10)レッドルーファス
 その年の流行語大賞になったか、記憶にないが「二番目ではダメなのでしょうか」と、名言?を残した民進党の蓮舫代表が突然辞任した。青天の霹靂だ。不謹慎かもしれないが競馬は2着でもいいのです。最高で1着、最低でも2着、いや3着でもドンマイ、ドンマイのワタシです。閑話休題。本命に推した、ロイカバードはここと同条件の元町Sを快勝、ハンデキャッパー(トップハンデ57.5?)も認めた実績と実力の持ち主。オープン入りして以降は結果を出せなかったが、降級すれば話は別。最低でも3着は確保してくれると確信する。当面の相手は、ケンホファヴァルト。展開の利が見込め逃げ粘りのシーンがある。

新潟10R「古町特別」芝1600?
◎(4)ハウメア
○(10)ショウボート
▲(12)ショウナンアンセム
△(5)ラベンダーヴァレイ、(6)ペルソナリテ
 成長力の大きい3歳馬の、ハウメアでもう一丁。新馬戦で1番人気(7着)を集めた素質の持ち主でここはあくまで通過点に過ぎない。まして、裸同然の52?(前走比2?減)なら一気呵成に2連勝を達成する。相手は、ショウボート。決め手はメンバー有数で嵌れば一気に台頭する。

小倉11R「薩摩ステークス」ダ1700?
◎12ドラゴンバローズ
○(1)ナムラアラシ
▲(4)マインシャッツ
△(8)マウントハレアカラ、(11)コクスイセン
 昇級以降、???着と地力強化の跡が歴然の、ドラゴンバローズにとってチャンスは時間の問題。スタートと同時にサッと好位に付けられる、スピードとセンスの良さも魅力だ。充実著しい今ならもう負けられない。期待したい。相手は、ナムラアラシ。強烈な追い込みが武器で嵌れば逆転も夢ではない。

札幌11R「TVh賞」芝1800?
◎(2)テオドール
○(4)サトノアリシア
▲(8)ヒーズインラブ
△(5)メイクアップ、(7)ジョルジュサンク
 特別2連勝中と本格化著しい、テオドールをイチ押し。優秀な勝ちタイムに加えて、2戦の上り3Fは33秒8、33秒4とメンバー最速。スピードとパワーが備わっているのも心強い限り。注目のハンデも前走比1.5?減の56?なら全く心配無用。ここはあくまで通過点に過ぎない。3歳馬のサトノアリシアが相手だ。オープン落ちで裸同然のハンデ51?なら、好勝負に持ち込みそう。

※出走表などのデータは、必ずJRA公式発表のものと照合して下さい。 </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.