尾上松也の母親役に森口瑤子! 突き抜けた母親像を表現

尾上松也が主演を務めるドラマ『さぼリーマン甘太朗』(テレビ東京系列、毎週木曜25:00〜)に、森口瑤子と中村靖日がゲスト出演することがわかった。

本作は、「中間管理録トネガワ」で話題の原作・萩原天晴(漫画・アビディ井上)による人気コミック「さぼリーマン飴谷甘太朗」(講談社「モーニング」KC所載)をドラマ化。主演の松也演じる飴谷甘太朗(あめたにかんたろう)は、営業マンとして勤務する独身のメガネイケメン。仕事を完璧にこなし周囲の信頼も厚いが、彼にはひた隠しにする“ある秘密”があった。それは「仕事をサボってスイーツを食べること」。甘太朗は今日も手早く外回り営業を終わらせて、背徳的な甘味の園へと向かうのだった……。

8月31日放送の第8話に出演する森口が演じるのは、甘太朗の母親・飴谷エリコ。歯医者であり、甘いものを目の敵にしているという役どころ。「突き抜けた母親像が最高ですよね」と明かした森口は、「私にできるのかしら? と不安でしたが、現場は非常に楽しかったです」と振り返った。

また、松也との共演を楽しみにしていたと言うも、「撮影現場での松也さんは、松也さんではなく甘太朗ちゃんそのものでしたので、松也さんと共演した……という気はしませんでした」とコメント。そして見どころについては、「毎回出てくる、心から“美味しいーー!!”と叫んでしまうスイーツと、甘太朗ちゃんはじめ、濃いキャラクターの皆さんとのハーモニーですね」とアピールした。

一方の中村は、8月17日放送の第6話に登場。吉朝出版での新規連載のため、甘太朗を取材する漫画家・松沢茂雄役を演じる。「松沢はとことん変わり者で、最初は悩みましたが、それを貫き通してみようと思いました」と役作りについて語った中村。さらに、「松也さんが甘味を食べた後の恍惚な表情を見て、ちょっとこれはすごいなと。松沢ももうちょっとやっちゃってもよかったかもしれないなと思いました」と悔しそうな表情を浮かべた。

最後に、「『さぼリーマン甘太朗』はなかなかの異色作です。皆さん、無条件で大笑いしていただければ幸いです」とメッセージを寄せた。 </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.