橋本千春の勝ち馬ピックアップ!(7/22) 白河特別、函館日刊スポーツ杯、他

2回福島競馬7日目(7月22日・土曜日)予想・橋本 千春

福島11R「白河特別」芝1200?
◎(9)ジャッキー
○(2)ダイトウキョウ
▲(10)ミエノドリーマー
△(3)アペルトゥーラ、(8)スペチアーレ
 連日、満員御礼の垂れ幕が下がった大相撲名古屋場所も明日、千秋楽を迎える。人気を支えた一人が小兵力士の宇良。多彩な取り口で多くのファンを魅了してきた。そんな宇良から連想したのが山本リンダの「狙い撃ち」。ウララ、ウララ、宇良、宇良よ。閑話休題。ジャッキーを狙い撃ち。新馬→500万条件を連勝した素質の高さと、これからまだまだ強くなる無限の可能性がその根拠。近走は12着、14着と不本意だがいずれも重賞メンバーが相手。降級すれば話は別だ。放牧で状態はリフレッシュされたし、距離短縮、ハンデ53?など好材料が揃った。先行抜け出しの勝ちパターンが決まる。相手は、順当にダイトウキョウ。実績はメンバー屈指で好勝負必至。

福島10R「いわき特別」芝1800?
◎(8)ミッキースワロー
○(10)エニグマバリエート
▲(9)ミッシングリンク
△(1)サトノメサイア、(7)ロードリベラル
 素質馬のミッキースワローで大体いける。未勝利→ひめさゆり賞を連勝。京都新聞杯で重賞メンバー相手に0秒1差5着した実績は、ここでは大威張りできる。担当厩務員も「仕上がり状態は申し分ない。普通に走ってくれば勝てるでしょう」と、キッパリ。台風の目は、ミッシングリンク。展開の利が見込め逃げ粘りのシーンも。

中京11R「桶狭間ステークス」ダ1400?
◎(2)サトノファンタシー
○(10)ゴールドスーク
▲(12)ダノンフェイス
△(5)ウインムート、(11)ワンダーリーデル
 究極の上り馬、サトノファンタシーに期待。休養を挟み1着(レコード)、1着と本格化著しい。<4220>と、すべて3着以内に入っているセンスの良さも実力の証し。ここはあくまで通過点に過ぎない。相手は、ゴールドスーク。中京1400?は<3303>と、メンバー最多の勝ち星を挙げている。条件が大きく好転し、一発ある。

函館11R「函館日刊スポーツ杯」芝1200?
◎(7)タマモブリリアン
○(14)サザンライツ
▲(4)オデュッセウス
△(2)スカイパッション、(13)ナインテイルズ
 飛躍の4歳を迎えて、?????(レコード)?着と躍進目覚ましいタマモブリリアンに期待。調子はもとより、距離、コース実績もメンバー屈指でちょっと死角は見当たらない。人気でも素直にこの馬から入るのが賢明だ。混戦の2着争いはサザンライツが頭一つリード。前走?着は出遅れが響いたもので悲観することはない。前々走(0秒1差2着)でメドは立っているし互角に出れば好勝負に持ち込みそう。

※出走表などのデータは、必ずJRA公式発表のものと照合して下さい。 </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.