1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

有村架純、岡田准一との撮影でハプニング「冷や汗が止まらなかった」

【有村架純・岡田准一/モデルプレス=7月18日】18日、都内で映画『関ヶ原』(8月26日公開)の完成披露イベント、舞台挨拶が行われ、主演の岡田准一をはじめ、有村架純、平岳大、東出昌大、伊藤歩、滝藤賢一、西岡徳馬、役所広司、原田眞人監督が出席した。

【さらに写真を見る】岡田准一、有村架純、東出昌大ら豪華集結 映画「関ヶ原」完成披露イベントの様子

今作は、現在までに単行本・文庫を合わせた累計発行部数が620万部を超える司馬遼太郎原作の「関ヶ原」を原田眞人監督が映画化。戦国史上最大の合戦・関ヶ原の戦いを舞台に、石田三成役を岡田、徳川家康役を役所、三成の下で忍びで、女性としても支え続ける初芽を有村が演じる。

本格時代劇初挑戦となる有村。撮影での印象的なエピソードを聞かれると「アクションでハプニングがありまして…」岡田との撮影を回顧。短刀を持って岡田と闘う場面で「岡田さんのおでこに刀が当たってしまって」とアクシデントがあったことを明かし、「冷や汗が止まらなかったです。申し訳ありませんでした」と謝罪。岡田は「まさかの動きでこう来るのかと。僕、架純ちゃんに斬られました!」と笑いを交えて振り返るも、「本当にごめんなさい」と申し訳なさげに繰り返す有村。岡田は「大丈夫、大丈夫」と笑顔をみせていた。

完成披露イベントでは、そんな有村の舞台裏での姿を岡田が絶賛。「こんなに活躍されているのに現場で『(時代劇が)初めてでいろいろわからないので勉強したいんです』ってずっとおっしゃっていた」と紹介し、「それがすごいなと。なかなか言えないじゃないですか、教えてくださいって。素直に言っていてすごく頑張られてたので素敵だなと思いました」と有村の“女優魂”を褒めちぎっていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)