赤井秀一や安室透が登場『名探偵コナン』重要回が続きファン大興奮

アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00〜)7月15日放送回の「裏切りのステージ(前編)」では、人気キャラクターが多く登場。因縁やだまし合いが入り乱れ、Twitter上では「え、もう終わり!?」「息ができなかった」「早く続きが見たい!」と緊迫感のある展開に興奮するファンが続出した。

この回、江戸川コナンは、あるロックミュージシャンのリハーサルを見学しに、毛利蘭や沖矢昴たちと会場に向かう。ところが、ロックミュージシャンは新曲として披露するはずだった曲が未完成で、誰もいないステージで歌詞を書いている途中だという。コナンたちはリハーサルの見学はできそうにないと帰り支度を始めるが、そこに知り合いの喫茶店員である安室透と榎本梓が現れる。彼らと話し込んでいるうちに、会場の消防検査にやってきた消防員らが、客席の扉を開けてしまう。するとそこには、首を吊って絶命しているロックミュージシャンの姿が……というストーリー。

今回Twitterを沸かせたのが、沖矢昴に変装して、コナンと敵対する黒ずくめの組織から追跡を逃れている赤井秀一。そして公安警察でありながら黒ずくめの組織の一員である安室透。さらに榎本梓として正体を隠しているが、黒ずくめの組織の一員で変装の達人ベルモット。彼らが登場し、コナンと張りつめたやりとりを展開したことだ。

これにはリアルタイムで視聴していたファンが大興奮。コナンについてつぶやく際に使用する「#conan」はもちろん、「安室さん」「ベルモット」がトレンド入り。さらに、次回予告で飛び出した「観覧車以来」というワードも入ってきた。これは、2016年公開の劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』を観ているファンには熱いキーワード。この映画で赤井と安室は対峙しているのだが、その時以来の絡みという意味だろう。

また、今回変装している人物や素性を隠している人物が多く登場したため、「今日、正体隠してるやつ多すぎ!」「誰が誰の正体知ってるんだっけ……?」と長年コナンを追いかけている視聴者にも混乱が生じている様子がうかがえた。この機会に彼らの因縁について振り返ってみるのも面白いかもしれない。

次回7月22日放送の「裏切りのステージ(後編)」では、一体どんな展開が待っているのだろうか。

【文:山田 奈央】 </span>

Let's block ads! (Why?)