1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

山下智久&新垣結衣ら「コード・ブルー」5人の成長&再集結に初回から感動の嵐 ラストに意味深展開も

【コード・ブルー/モデルプレス=7月17日】新ドラマ『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』(フジテレビ系/毎週月曜よる9時〜)の初回が17日、放送された。ネット上で視聴者から反響が多数寄せられている。<※ネタバレあり>

【さらに写真を見る】「コード・ブルー」初回の見どころをチェック/場面写真をもっと見る

同作は、2008年7月にスタートし、翌2009年1月にスペシャル放送、2010年1月に「2ndシーズン」が放送された人気ドラマの最新シリーズ。“ドクターヘリ”に乗り込むフライトドクターを目指し、若い医師たちが真摯に命と向き合う姿を描いた作品。

俳優の山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介らが、救急救命の最前線で活躍する一人前の医師・看護師を演じる。

「1stシーズン」では、フライトドクターを目指し全国から翔陽大学附属北部病院救命救急センターに集まった藍沢耕作(山下)、白石恵(新垣)、緋山美帆子(戸田)、藤川一男(浅利)といった医師たちと、既にフライトナースとして信頼を得ていた冴島はるか(比嘉)が互いに時にぶつかり、時に助け合いながら生死を左右する難問に日々向き合いながら次第に成長していく姿を、2010年1月に放送された「2ndシーズン」ではフライトドクターの研修修了認定まであとわずかとなった4人の姿を中心に描いた。

◆コード・ブルー3rdシーズン


医師として10年以上のキャリアを持った彼らは、仕事もプライベートも自分の人生と向き合い始める年代に達し、それぞれの道を歩み出していた。白石恵(新垣結衣)は人手不足の翔北救命救急センターで今やフライトドクターのスタッフリーダーとして奮闘。フェロー時代は落ちこぼれだった藤川一男(浅利陽介)も、整形外科専門の救命医として救命救急センターを支える立場に。冴島はるか(比嘉愛未)は、今もフライトナースとしての道を究め続けエースとして活躍している。

そんな救命センターにやってきたフライトドクターを目指すフェロー・名取颯馬(有岡大貴)、灰谷俊平(成田凌)、横峯あかり(新木優子)、フライトナースを目指す雪村双葉(馬場ふみか)。フェローたちは使いものにならないと救命センターの誰もが嘆く中、白石は人材不足の中、彼らを戦力にするしかないと必死に育てようと努力していた。

しかし、白石たちを育てたフライトドクター・三井環奈(りょう)が救命を離れることとなり、危機的状況に陥った救命に、周産期医療センターで産婦人科医としての道を歩んでいた緋山美帆子(戸田恵梨香)が勉強を中断し、戻ってくる。

◆第1話あらすじ<※ネタバレあり>


そして、脳外科医として研鑽(けんさん)を積み、さらなる高みを目指し日々オペを行っていた藍沢。救命救急部部長の橘啓輔(椎名桔平)から救命復帰を直々に頼まれるが、「救命に戻るつもりはありません」とはっきりと断る。すでに脳外科医として信頼を得ている藍沢には強力なライバル、新海広紀(安藤政信)がおり、脳外科では世界屈指の水準を誇るトロント大へ臨床医師として選ばれるかどうかの席を争っていた。

緋山が来た初日、お祭りで山車が転落する事故が発生。人手不足に加え、頼りないフェローたちの指導、そして崩壊した家の壁に挟まれた重度の少年…と現場は混乱を極める。白石が決死の思いで藍沢に電話をかけ、少年の救助に助けを求めると、現場の深刻な状況をすぐに察した藍沢はヘリで駆けつける。少年の治療を引き継ぎ、「白石、指揮官になれ」と白石に現場に戻るよう指示した藍沢は、「治療ができる医師は他にもいる、緋山も藤川も、それに…俺もいる、行け」と頼もしく背中を押す。

藍沢のヘルプによりなんとか少年の命も助かり、白石は「藍沢先生のおかげで目が覚めた」とチームリーダーとして決意。そんな白石に藍沢は「1人でやろうとするな、周りの人間をこき使ってやればいい。お前が決めたことなら皆聞くさ」と言葉を投げかけた。

そして、数日後、藍沢は指導医として救命に復帰。7年ぶりに5人が出揃った。

◆再集結に反響


前作から7年が経ち、出演者たちの立場も大きく変化。各々が主演を務める役者となっており、“奇跡的”と言っても過言ではない再集結は放送決定時から大きな話題を集め、放送開始直後からTwitterのトレンドも「コードブルー」「HANABI」「ガッキー」「やまぴー」と関連ワードが席巻。

常に表情を崩さずクールだが頼りになる藍沢、一人で抱え込みがちな白石、勝ち気な性格だが誰よりも情に厚い緋山、誰からも信頼される冴島、ムードメーカーの藤川…とキャラクターは7年前と変わらず、成長した5人の姿や会話にファンは「みんな大人になってるね」「キャラが変わらないのが嬉しい」「白石&緋山コンビ大好き」「決して馴れ合いじゃないんだけど1人1人お互いのことをわかってる感じがホントに素敵」「藤川先生の成長っぷりすごい」「藍沢先生ちょっと優しくなった?」と胸が熱くなった視聴者が続出。

藍沢が救命に戻ってくるまでが描かれた初回に「藍沢先生かっこよすぎ泣ける」「ヘリに乗ってる山P!!」「おかえりいいい」「山Pの圧倒的安心感」「指揮官になれ、ってなんてアツいんだ…」「やっぱり藍沢先生は青いユニフォームが似合うよ」と、感動の声が殺到し、壮大なスケールと患者の背景もしっかりと描かれるストーリーに「初回から泣いた」「やっぱりコードブルー大好きだ」と支持が溢れていた。

◆藍沢(山下智久)の意味深セリフにざわつく


恋愛要素はあまり描かれてこなかった同シリーズだが、初回のラストには気になるセリフも。藍沢と白石がエレベーターで2人で会話するシーンで、救命に戻ってきた理由を聞かれた藍沢は、脳外科は夏期に患者が減るため救命で症例を増やしたい、ということを理由に上げた上で、「それに救命にはお前がいる」「お前は面白い」と意味深な発言をしエレベーターを降り、白石を戸惑わせた。

2人の今後の進展を匂わせるセリフに視聴者からは「え!???」「ちょっとちょっとどういうことなの!?」「藍沢先生と白石先生そんな感じ?」「これ、なんの告白なんですか!?」と沸いていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)