1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

土屋太鳳、心の叫び「そこそこスリムだわ!」

【土屋太鳳/モデルプレス=7月17日】女優の土屋太鳳が主演を務める映画『トリガール!』(9月1日公開)の完成披露イベントが17日、都内にて開催され、土屋、間宮祥太朗、高杉真宙、池田エライザ、矢本悠馬、英勉監督が登壇した。

【さらに写真を見る】土屋太鳳、心の叫び「そこそこスリムだろうが!」

◆土屋太鳳「そこそこスリムだろうが!」


映画『ヒロイン失格』の英勉監督が作家・中村航氏の同名小説を映画化した同作は、理系大学で「鳥人間コンテスト」を目指す人力飛行サークル「T.B.T」に入会した主人公・鳥山ゆきなの青春を描くラブコメディー。土屋が新境地となる“毒舌女子大生”の鳥山ゆきなを、ゆきなとコンビを組むヤンキーかぶれのくせにメンタル最弱の坂場先輩を間宮が演じている。

撮影はアドリブが多かったといい、間宮はゆきなをおんぶし「痩せろ!」と落とすシーンを回顧。それに対し、「そこそこスリムだろうが!」とゆきなが言い返すのもアドリブだったそうで、「あれは僕と監督の間では『土屋太鳳心の叫び』となっていて気に入ってます」と紹介。

土屋は今回の役柄に向けて「ちょっと(体重を)落としたんですよ」と明かし、「それなのにまだ『痩せろ』っていう。心の叫びになっちゃった」と認め、「本当はちゃんと考えてセリフを出したいんですけど、考える時間もないので反射的に出ちゃった、真のアドリブです」と釈明していた。

◆土屋太鳳、間宮祥太朗のアドリブ圧倒


また、ゆきなと坂場がメンチを切り、おでこをくっつけあうという出会いのシーンでは、間宮がいつまでもおでこを離さずに進んできたため、それに笑ってしまったという土屋。「ギリギリ(OKですよね?」と監督に確認すると、監督は「アウトですね」とバッサリ。

土屋は「私もですよ、真剣勝負だと思ってるんです。気合を入れて攻めの姿勢でいこうと。(間宮が)あまりに素晴らしい攻めの姿勢で来るのでもうすごかった」と間宮との演技を回顧。

間宮はクランクイン前に監督とゆきなと坂場の関係性について話し合ったといい、「台本のセリフは基本的にしゃべらない」とほぼアドリブだったことを告白。「1回1回アドリブに対する太鳳の返しがすごく楽しくなってきて一生やり続けられるなあと思いました」と土屋の演技を絶賛すると、土屋も「ありがたい」としみじみ感謝していた。

「人力飛行機で空を飛ぶ」本作にちなんで、イベントでは、土屋がステージ上のジャンプ台より登場。「太鳳、飛びまーす!」のコールとともにまるで機体が大空へテイクオフするかのように飛ぶパフォーマンスとなった。

◆映画「トリガール!」


流されて流されて、なんとなく生きてきた鳥山ゆきな(土屋)は、一浪して入った理系大学で入学早々、理系のノリにカルチャーショックを受ける。そんなとき、一目惚れした高橋圭先輩(高杉)に「いいカラダしてるね」と殺し文句で誘われるまま、フラフラとサークルに入部。そのサークルこそ、毎年、唯一の二人乗り人力飛行機で“鳥人間コンテスト”を目指す人力飛行サークル「TBT」だった。

憧れの圭先輩と二人っきりで大空にはばたくはずが、ヤンキーかぶれのくせに、メンタル最弱の坂場先輩(間宮)とコンビを組むことに。こうしてゆきなの、恋よりもドキドキする最高の夏が始まる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)