川口春奈、横からのアキラ100%に「興奮します!」とサムズアップ

女優の川口春奈が、7月11日に放送された『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系、毎週火曜23:59〜、一部地域をのぞく)に出演し、激辛料理に挑戦した。

毎回、総勢50名を超える若手芸人がゲストについて調査を行い、興味の持てる“おもてなし”を提案する同番組。ゲストはその中から数組のテーマを選出。MCのヒロミとフットボールアワーの後藤輝基らと共にトークを繰り広げる。

エスニック料理にハマっていて、辛い料理が好きだという川口。そこで今回は、うしろシティの阿諏訪泰義が「激辛の聖地を言われるお店を紹介したい」と提案する。表参道から徒歩3分のところにある旨辛料理店「赤い壺」では、世界中の唐辛子40種類を使い、辛さレベル1辛から8辛までの様々なジャンルの料理が用意されているとのこと。スタジオでは「3辛」「5辛」「8辛」に挑戦し、どこまで美味しく食べられるかを検証していく。

まずは3辛の「やみつき麻婆豆腐」が登場。食べてみた後藤は「あ、おおー、ゔぇ〜」と、ヒロミも「おぉ〜まぁ〜ばぁ〜ってくるな」とその辛さを説明するが、川口は「おいしいです。でも辛くない」とパクパク食べ進める。ここでヒロミがガヤの中からアキラ100%を呼び出し食べさせると、アキラ100%は悶えながらも得意のお盆芸を披露する。このお盆には「辛」と書かれており、後藤は「スゴいやん! プロジェクションマッピングかと思った」と大絶賛。後藤が「真横で見るの初めて?」と振ると、川口も「初めてです。興奮します!」とサムズアップしながら応じて、スタジオを盛り上げた。

続いて、5辛の「激辛タンドリーチキン」に、一般人代表として相席スタートの山添寛が挑むも「段々めちゃくちゃ辛いです」と予想通りのリアクション。川口も実食するが「おいしい。めちゃくちゃ好きな味。(辛さが)来ないかもまだ」と物足りない様子。阿諏訪も「こうなったらお店で最も辛い8辛を」と、「イカとニラのハバネロチヂミ」も紹介する。

食べる前に誓約書を書く必要がある料理ということで、ガヤ芸人たちが試してみることに。クックパッド芸人の藤井21は「風味がいいですね。ちょうどいい辛さくらい。僕も辛いの好きなので」とまさかのリアクションをすると、全員から「まずは普通のやつが食べろよ」と総ツッコミを受ける。余裕ぶっていた藤井だが、ここで様子が急変。用意されていた練乳牛乳を飲み干すも辛さが収まらなかったようで、スタジオの外に出ていってしまう。

その後、川口が大きめのチヂミを取ろうとすると、スタッフが「やめてください。ちょっとにしてください」と焦りを見せるが、実食した川口は「まだ大丈夫。あれ、(辛さが)来ない」と余裕の表情を浮かべる。しかし、時間が経つにつれ辛さを感じ始めたようで、「若干、熱くなってきました」「あ、辛い!」と練乳牛乳を飲みつつ、「危険ですね。これは」と感想を語る。阿諏訪が「このチヂミを食べて、練乳牛乳を27杯飲んだ人がいる」と解説すると、川口は思わず牛乳を吹き出しそうになっていた。 </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.