第4回『ドラマ甲子園』大賞は『青い鳥なんて』に決定!「活き活きとしたギャル」が魅力

CS放送フジテレビONE/TWO/NEXTが、全国の高校生を対象に脚本を募集した、第4回『ドラマ甲子園』の大賞受賞作品が『青い鳥なんて』に決定。10日、授賞式が行われ、大賞を書いた東京都在住の栗林由子さん(17歳)は、「幼い頃からドラマや映画、演劇に憧れており、今回このような体験をさせていただけるということは未だに夢のようです」と受賞を喜んだ。

『青い鳥なんて』は、主人公の女子高生が学年一の秀才と青い鳥を保護センターに届けに行く夏の終わりの一日の出来事をつづった作品。今後、執筆者本人の演出で、プロのスタッフがサポートし、プロの俳優たちの出演でテレビドラマとして制作。CS放送フジテレビTWO ドラマ・アニメにて10月に放送される予定。また、大賞に選ばれた日から、ドラマ制作、完成までを密着、その模様がSNSで配信される予定だ。

これまでも演劇部などで脚本を書いていたという栗林は「ドラマの脚本を書くということは、舞台とはまた違って自由度も高く、新鮮な体験でした。書くこと自体が本当に面白くて、それだけでもこのドラマ甲子園にお礼を言いたい気分でした。実際に映像になったらどれだけ楽しいんだろうと勝手にワクワクしていたことを覚えております」と執筆時のことを振り返った。

そして、実際の撮影については「プロの方たちと共にそれを実現できることに驚きと喜びでいっぱいです。未熟で至らないところばかりですが、この夏は精一杯努力して皆さんに楽しんでいただけるような作品を作りたいです」と意気込んだ。

選考委員長・清水賢治(執行役員常務、経営企画局長)は選考理由について、「主人公・夏恋愛(かれあ)の活き活きとしたギャルぶりはドラマには不可欠な魅力的なキャラクター」と語り、ストーリー的には題名通りとしながらも「主人公の心の動きについ応援してあげたくなる脚本」と賞賛。清水は、壮大な世界観の構築や目が離せないワクワクするストーリーはとても大事なものだが、ドラマ創作において視聴者の心を掴むのは、「この主人公に感情移入できるかどうか」と評価基準を明かした。

大賞のほか、佳作として、静岡県在住の種村公誠さん(17歳)の『私のこと』、兵庫県在住の辻元新さん(17歳)の『線香花火』、そして、埼玉県在住の橋野透弥さん(16歳)の『違法派遣』の3作品が選ばれた。 </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.