1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

乃木坂46、18枚目シングルのセンターに選ばれたのは初選抜の3期生!【視聴熱】7/9デイリーランキング

webサイト「ザテレビジョン」では、7月9日の「視聴熱(※)」デイリーランキングを発表した。

【写真を見る】「ごめん、愛してる」長瀬智也が副音声での神谷浩史の吹き替えに感嘆!

■ 人物ランキング 乃木坂46、18枚目のシングルのセンターは初選抜のメンバーを抜てき!

1位 乃木坂46/2位 嵐/3位 星野源

乃木坂46…7月9日に放送された「乃木坂工事中」(毎週日曜夜0:00-0:30、テレビ東京系)で、8月9日(水)発売の18枚目シングルの選抜メンバーが発表に。昨年9月に加入した3期生の大園桃子と与田祐希が初選抜ながらWセンターに抜てきされ、ファンから驚きと喜びの声が寄せられた。また、同日にニコニコ生放送の「内場勝則・相良樹・松村沙友理・千菅春香ほか生出演!舞台『FILL-IN〜娘のバンドに親がでる〜』稽古場から生中継」に松村沙友理が出演。7月13日(木)〜23日(日)に行われる舞台をPRし、ベースの生演奏も披露した。

■ ドラマランキング 長瀬智也主演新ドラマ「ごめん、愛してる」の副音声が話題に!

1位 おんな城主 直虎/2位 ごめん、愛してる/3位 警視庁いきもの係

ごめん、愛してる…2004年の韓国ドラマを原作にした「ごめん、愛してる」が7月9日にスタート。幼少期に母に捨てられ、韓国の裏社会で生きてきた律(長瀬智也)。事件に巻き込まれ、頭に致命的なけがを負った律は、実の母・麗子(大竹しのぶ)を探し当てるが、裕福な暮らしの中で息子のサトル(坂口健太郎)に愛を注ぐ姿に愕然とする。律を兄のように慕う韓国マフィアの息子役でイ・スヒョクが出演。その吹き替えを副音声で声優の神谷浩史が担当したことも話題に。自身の韓国語のせりふの吹き替えをした長瀬は、神谷について「声だけで世界を作っている感じが本当にすごい」とコメント。[毎週日曜夜9.00-9.54、TBS系]

■ アニメランキング 「―プリキュアアラモード」ジュリオはキラリンの双子の弟だった!

1位 キラキラ☆プリキュアアラモード/2位 仮面ライダー/3位 宇宙戦隊キュウレンジャー

キラキラ☆プリキュアアラモード…7月9日は、第22話「やめてジュリオ!憎しみのキラキラル!」を放送。ホイップらの前に現れたジュリオを見たキラリンは、彼がフランスで行方不明になった双子の弟・ピカリオだと気づく。だが、ジュリオは“ピカリオ”という名前を捨て、ノワールのしもべになっていた。ジュリオの攻撃を受けたプリキュアらは、不思議な地下空洞に落ちてしまう。なお、7月23日(日)、30日(日)、8月6日(日)の放送の最後に発表されるキーワードを集めると、豪華賞品がプレゼントされるキャンペーンを実施。[毎週日曜朝8.30-9.00、テレビ朝日系]

■ バラエティーランキング 「関ジャム―」Mr.Childrenの素晴らしさを徹底解剖!

1位 乃木坂工事中/2位 関ジャム 完全燃SHOW/3位 KinKi Kidsのブンブブーン

関ジャム 完全燃SHOW…7月9日の放送は、Mr.Childrenの“功罪”を、スキマスイッチ、いしわたり淳治、杉山勝彦ら音楽のプロが勝手に討論。作詞家のいしわたりは「ミスチルの歌詞は力技」と語り、“ありふれたテーマでも名曲を作れる”“普通のことをすごい熱量で歌う”などの持論を展開した。また、スキマスイッチ・大橋卓弥は、桜井和寿が1曲の中でストーリーによって歌声を変えている部分に注目し、ボーカリストとしての表現力に迫った。ミスチルの奥深さに触れた丸山隆平は「本当にすごい人は、(聴く側が)何も知らなくても入ってくる」と感想を語り、大倉忠義から「ええこと言うた」、村上信五から「お前、100回目超えてようやくオンエア乗るんちゃうか」とツッコまれた。[毎週日曜夜11.15-0.10、テレビ朝日系]

■ 熱トピ 「ウチの夫は―」妻・沙也加の気持ちを疑似体験!

サーヤ体験…ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』の公式Twitter、Instagramアカウントが、第1話ラストシーンでの司(錦戸亮)と沙也加(松岡茉優)のLINEでのやり取りをアップ。自分のスマホでサーヤの気持ちが体験できる動画に、ファンからは喜びの声が相次いでいる。また、「天才過ぎる」「気持ちをくみ取ってくれる」といった、公式の“中の人”への称賛の声も。なお、公式LINEアカウントにメッセージを送っても、個別の返信には対応していない。webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4〜10位の順位や上記以外のワードに関する解説のほか、リアルタイムランキング、ウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計、今熱い番組・人物・コトバからテレビの流行に迫る新指標。

Let's block ads! (Why?)