武井咲「黒革の手帖」で初の“悪女”に「毎日楽しい」「打ちのめしたい」

【武井咲/モデルプレス=7月10日】女優の武井咲が10日、都内で行われた7月20日スタートの新木曜ドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系/毎週木曜よる9時〜)の制作発表記者会見に、江口洋介、仲里依紗、滝藤賢一、和田正人、内藤理沙、高嶋政伸、真矢ミキ、奥田瑛二、伊東四朗とともに出席した。

【さらに写真を見る】高橋一生&武井咲、5年ぶりの共演でラブストーリー「おじさんは本当にドキドキしっぱなし」

今作は、派遣社員として働いていた銀行から1億8000万円を横領した悪女・原口元子(武井)が、若くしてクラブのママとなり、愛と欲望が渦巻く街・銀座を生き抜いていく姿を描く。清張作品で初主演を務め、史上最年少で「清張史上最強」と称される元子を演じる武井は、「毎日楽しいですよ。こんなに気持ちの良い役は、本当に初めて」とニッコリ。「『できるの?』っていう試されている目が多い気がする」と周囲の反応を明かし、「元子のように、打ちのめしたいなと思っています」と力強く語った。

また、役作りで実際に銀座のクラブに行ったことを明かし、「それこそ私が小学生の頃に見ていた、米倉(涼子)さんの『黒革の手帖』の世界なんじゃないかと思っていたので、すごくドキドキしていたんですけど、実際はすごく品のある、そして艶やかな世界で。そういったところで生きている女性たちはとても色っぽくて、自分にはないものをたくさん持っていて、本当にすごい世界だなと思いました」と振り返った。

◆仲里依紗、“ママ”武井咲は「やっぱり違う」


元子のように“1億8000万を突然手に入れたら?”という質問を受けると、「両親に家を建てたいかな(笑)」とコメントした武井。元子が経営するクラブ「カルネ」のホステスとして働く山田波子役の仲は、武井の回答を受けると「私は自分の家を買うと言おうと思っていて(笑)、はっ!やっぱりママは違うなとすごく思いました」と自嘲。それでも「私はやっぱり家が欲しいです(笑)」と願望を明かして笑いを誘っていた。

この日は、武井が江口と伊藤にカクテルを作る一幕も。武井のカクテルを飲んだ江口は、3000円という価格設定を聞くと「3000円は高いですね」と苦笑。しかし仲は「武井さんの立ち振る舞いは本当のママなので、3000円じゃ安いだろうと思いました。10万円は…」と語り、これに続いた高島も「このカクテルに、僕は50万!」と“入札”してキャストを笑わせていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)