橋本千春の勝ち馬ピックアップ!(7/9) 七夕賞、他

2回福島競馬4日目(7月9日・日曜日)予想・橋本 千春

福島11R「七夕賞」芝2000?
◎(9)マルターズアポジー
○(8)ゼーヴィント
▲(11)マイネルフロスト
△(2)スズカデヴィアス、(12)ソールインパクト
 群雄割拠の様相で各陣営はチャンスに虎視眈々。その中で、本命には快速馬のマルターズアポジーを推す。ライバル勢がお互いの出方を探り合い忖度しあうことが予想され、おあつらえ向きの展開が見込めるからだ。どこも我にチャンスあり、と色気を持っているだけに自分を犠牲にして首に鈴を付けに行く馬はいないだろう。そうなれば、スイスイと逃げ切った福島記念、小倉大賞典の再現シーンは十分ある。とりわけ福島は<3010>と、まさにホームコース。ならばトップハンデ57.5?も心配無用。台風の目は、ソールインパクト。相手なりに走る堅実さと、ハンデ53?は魅力いっぱい。

福島10R「天の川賞」ダ1700?
◎(7)モアニケアラ
○(5)スルターナ
▲(4)フクノグリュック
△(1)アドマイヤピンク、(10)アンプラグド
 展開の利を生かして、モアニケアラが逃げ切るとみた。もともと、千万条件は勝っている格上の存在でもある。小回りの福島なら多少無理して主導権を取っても、そのまま押し切れるだろう。休み明け2戦目で上積みは大きいし、粘りも増すハズ。穴は、フクノグリュック。この頭数なら捌きやすいし、差し脚を爆発させるシーンも。

中京11R「プロキオンS」ダ1400?
◎(8)カフジテイク
○(12)キングズガード
▲(4)アキトクレッセント
△(2)ベストマッチョ、13イーデンホール
 海外遠征帰りの、カフジテイクが復権を果たす。その前走5着は「前が止まらなかったが最後まで延びている。砂質も違った」と、湯窪調教師は決して悲観はしていない。ホームコースに戻り起死回生の一発が期待できる。昨年は7着に終わっているが、1年前とは別馬の如し。パワーアップの跡は歴然だ。GIII・根岸Sを含め2勝、3着2回。唯一の4着はGI・チャンピオンズCだ。期待して大丈夫。ベストマッチョが不気味。2枠2番と枠順も恵まれ、逃げ残るシーンも。

函館11R「マリーンS」ダ1700?
◎(11)テイエムジンソク
○(8)アルタイル
▲(14)リーゼントロック
△(5)メイショウスミトモ、(7)タガノエスプレッソ
 飛躍の5歳を迎えて?????着と本格化著しい、テイエムジンソクの勢いは止まらない。とりわけ、好位から楽々抜け出し2着を4馬身突き放した東大路S→大沼Sは圧巻。センスの良さに加えて、瞬発力アップとなればハンデ57?は全く問題ない。ここはあくまで通過点だ。

※出走表などのデータは、必ずJRA公式発表のものと照合して下さい。 </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.