男性がついOKする告白の準備と方法7選 成功率がグン上げするかも?

【恋愛コラム/モデルプレス】告白といえば男性からだと思う女性も多いかもしれませんが、今では女性からの告白も当たり前に。好きな人ができたのに告白されるまで待つのってなかなか辛いものですよね。そこで今回は、女性から告白した時に男性がOKせずにはいられない準備と方法をご紹介。アプローチを仕掛けちゃいましょう!

【他の記事を見る】男性が「気が合うな」と感じる瞬間5つ

♥彼女いない歴を知る


好きな人ができたら、まず彼女がいるかいないかを確認すると思います。

もし彼に彼女がいないと分かったら“彼女いない歴”も確認するようにしましょう。

“彼女いない歴”は男性がどれだけ恋愛に前向きなのかを知るバロメーターとなるので、かなり重要な要素となります。

これが半年未満だったり、逆に2年以上いない場合は恋愛に対するモチベーションが低い可能性があります。

ベストは半年〜2年未満くらい。

ただし気になった男性がみんなそうとは限らないので、その場合は彼女を作る気があるのかを確認することが大切になってきます。

♥生活の状況を知る


また、彼の今の生活の状況を知ることも大切です。

例えば、新卒・中途で会社に入ったばかりだったり、学生であれば試験前などに告白するのは避けましょう。

そんなタイミングに告白しても、断られるか、忘れられてしまうだけ。

恋愛をしたいと思う時は心に余裕がある時。相手の状況を理解して、余裕があるのかを知るのも大切です。

「最近忙しいのか」「プライベートは何をしているのか」など、間接的な質問でも男性の状況を知ることは可能です。

もし、忙しそうであれば告白はまだ待った方が良いでしょう。

♥趣味を知る


彼の趣味を知ることも告白の成功に関係してきます。

彼の趣味を一緒に楽しめる“理想の彼女像”を演出することができれば、グンと告白成功の確率は上がります。

女性から告白されてOKを出すかどうかは、男性に好きな人がいる場合は別として「この人と一緒にいて楽しいか?」というのが、かなり重要視されます。

そんな時の判断基準に、好きなことを一緒に楽しんだ記憶があれば、プラスへと働きます。

少しでも告白の成功率を上げたいのであれば、気になる彼の趣味の時間を共有する機会を設けるといいでしょう。

♥彼の友達の状況を知る


例えば、気になる男性の周りの友達が結婚しているか、していないかを知るのも告白成功のヒントになります。

もし、彼の友達が最近結婚しているという情報を聞いたらチャンス。

幸せな二人を見て、自分も結婚したいという思いが高まっているはずです。

今後、気になる男性が結婚式に参加する予定があるのであれば、その後に告白するのがいいでしょう。

付き合うことに対して何よりもポジティブな状態にいるはずですから。

逆に彼の周りの友達が結婚していなかったり、付き合っている人がいないと、告白を成功させるのは難しくなっていきます。

彼女ではなく、友達と遊ぶことが多かった男性は、彼女といるよりも今のほうが楽しいと思いがち。

そんな男性とは、少しでも二人でデートした後に告白することをおすすめします。

女性と一緒にいるのが楽しいというイメージをつければ、ある程度は告白OKの確率も上げることができるはずです。

♥告白方法によっての成功率の違いは?


今はSNSで告白したり、電話で告白することも多いと思います。

でも、やっぱり一番いいのは「実際に会って告白すること」だと多くの方が思うはずです。

しかし直接会って告白しても、電話で告白してもそれほど成功率は変わりません。

ただ、手紙とメールでの告白はやや成功率が下がる傾向にあるので、やめたほうがいいでしょう。

告白の成功率に関して言えば、手段よりも、告白をする前の状況が重要になってきます。

手紙やメールで告白するときは、相手にとって「突然」だと感じることがあるようで、告白が成功するポイントとしては告白されそうな雰囲気を相手が気付いていることも重要になってきます。

つまり、告白のために呼び出すのではなく、デートや遊んだ帰り道に告白をするような流れのほうが成功率をグッと上げることができるんです。

♥男性がキュンとする告白方法


告白する時にどんなセリフを言うのかをすごく考える人は多いですが、男性はストレートに言われるのが一番キュンとします。

シンプルに「ずっと好きでした。付き合ってください」でも、十分男性には気持ちが伝わります。

あなたがもし告白するのを決めたら、告白するまでの流れを考えるほうが大切。

できれば一日デートするのがベストですが、夕方からや夜から彼と会って、別れ際に告白するのをおすすめします。

というのも、その日の機嫌というのも告白の成功率には左右します。

一日が楽しく過ごせれば、その日の最後に告白されたときの成功率を上げることができます。

つまり、その楽しい一日をあなたが作ってしまえば、おのずと告白をOKにしやすい雰囲気を演出することができるんです。

事前に聞いていた彼の趣味や、好きな料理を食べて、彼にとって充実した一日を演出し女性から告白。

言葉やシチュエーションにばかりこだわらず、一日をかけてしっかりと彼の気持ちを自分の方へ向ければ、どんな言葉の告白だって男性は胸キュンするはずですよ。

♥断られてもチャンスはまだある


もしも告白して振られてしまったとしても、諦めるのは早いかもしれません。

1回目の告白では断られたけど、2回目の告白で成功したという事例はいくつもあります。

なぜ1回目で断ったのに、2回目はOKしたのでしょうか?

理由はいくつもあると思いますが、多くの場合はあなたの“本気”に気づくから。

1回目に振られたのに、もう1度告白するんだからよっぽど本気なんだと思うのはもちろん、1度告白されるとその相手が気になってしまうよう。

自然と目で追い、今まで気付かなかったあなたのアプローチに彼も気付き始めます。

そうしているうちにあなたの本気度も彼に伝わり、むしろ彼もあなたに好意を抱くことも。

もし1回目の告白で諦めてしまったら、せっかく彼があなたを見ているのに、そのチャンスが活かせないことに繋がります。

だから、もし振られてしまっても、仲の良い友人として付き合っているなら、次の告白のタイミングを狙いましょう。

告白は2回までがセットと思うくらいの気持ちで挑むと楽かもしれませんね。

いかかでしたか?

告白は必ずしも男性からするものではなくなってきています。

自らプッシュしていって、ステキな彼をあなたも捕まえてくださいね。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)