有村架純&坂口健太郎が難題解決 “父親”からメッセージも「深みはない」

【有村架純・坂口健太郎/モデルプレス=7月3日】女優の有村架純と俳優の坂口健太郎が3日、人気ゲームシリーズの最新作完成披露会に、役所広司らとともに出席した。

有村架純、ミニ丈ボトムで美脚大胆披露 「めちゃくちゃ綺麗!」「ほんとに美体型」と絶賛の声

登壇者は実際にゲームをプレイしてナゾトキに挑戦。1問目は3人とも首を傾げて苦戦しながらも有村が正解を導いた。

続く、2問目は難題だったが、役所と有村が考え込む中、突然顔をパッと明るくしてひらめいた様子の坂口。有村からスマートフォンを手渡され、正解を打ち込み拍手を浴びていた。

◆“父”大泉洋からメッセージ


有村は、今作の主人公・カトリーの声を担当。役所はカトリーの助手でしゃべる犬・シャーロ、坂口はカトリーの助手となるさえない若者ノア・モントールをそれぞれ演じた。

イベントでは、これまでのシリーズの主人公でカトリーの父親・レイトン教授役の大泉洋のインタビュー映像を上映。大泉は「新シリーズが始めるということで、非常におめでたい席だと重々承知していますが、どうして私が呼ばれていないのかと非常に疑問な所でございます」とふてくされ、「有村ちゃん、君の話のようじゃないか!あなた私の娘(役)でしょ?いよいよ親子役ということで残念です。恋人役がいいなとか…そうか親子か…」と肩を落としつつ、「今後の展開、大変楽しみにしています」とメッセージを寄せた。

大泉の言葉を受けて、有村は「それこそカトリーじゃないですけど、(大泉は)『レイトン』シリーズのまさに親のようなので…。言われている言葉に深みはないかもしれないかもしれないけど重みをすごく感じました」と笑顔。恋人役を熱望していたことについては「(オファーが来たら)それはもちろん」とノリ気だった。

◆西野カナが生歌披露


そして、イベントには西野カナも登場し、同作のテーマ曲「Girls」を生披露。日野晃博氏、岩波邦明氏も登壇した。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)