1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

橋本千春の勝ち馬ピックアップ!(7/2)ラジオNIKKEI賞、他

2回福島競馬2日目(7月2日・日曜日)予想・橋本 千春

福島11R「ラジオNIKKEI賞」芝1800?
◎(5)ライジングリーズン
○(6)サトノクロニクル
▲(12)クリアザトラック
△(4)マイネルスフェーン、(11)セダブリランテス
 今年の3歳馬は相対的に牝馬のレベルが高い。単純に時計だけ比較してみると、2歳馬の総決算、阪神JF(ソウルスターリング)は、朝日杯FS(サトノアレス)より1秒4速い1分34秒0。また、オークス(ソウルスターリング)は、ダービー(レイデオロ)より2秒8も速い2分24秒1。そして、NHKマイルカップは牝馬のアエロリットが並み居る牡馬勢を撃破、頂点を極めている。閑話休題。本命には牝馬のライジングリーズンを推す。桜花賞は出遅れが響いて8着(0秒7差)と不発に終わっているが、あれが実力でないことはアエロリットを最速の上り(35秒4)で一蹴したフェアリーSが証明している。奥村武調教師は「ハンデは55.5?を想定していたが、0.5?軽く済んだ」と、ニンマリ。「(初の)1800?も守備範囲。3角過ぎからの加速力は凄い」と、勝利をイメージする。ゲートに課題は残るが、互角に出れば期待できる。

福島10R「さくらんぼ特別」芝1200?
◎(15)ナンヨーアミーコ
○(1)シルヴァーコード
▲(5)ウランゲル
△(2)ハッピーノリチャン、(4)キョウワゼノビア
 降級戦を圧勝(0秒3差)し勢いに乗る、ナンヨーアミーコでもう一丁。もともと、千万条件で2着2回の実績があり、昇級は形だけ。充実著しい今なら、2連勝の可能性は高い。

中京11R「CBC賞」芝1200?
◎(7)シャイニングレイ
○(15)タイムトリップ
▲(12)アルティマブラッド
△(3)メラグラーナ、(9)トウショウドラフタ
 2年間の長期休養を経て奇跡の復活を遂げた素質馬の、シャイニングレイが狙い目。3戦目の安土城Sを好タイムで快勝(0秒2差)した内容は、ここに大きく望みをつなぐもの。とりわけ、初めて経験する忙しい1400?の流れに対応したのは価値が高い。センスの良さは実力の証しだ。もともと、新馬→ホープフルSを連勝、将来を嘱望された逸材。前走の内容から1200?も心配無用。底知れぬパワーに期待する。

函館11R「巴賞」芝1800?
◎(6)サトノアレス
○(3)スーパームーン
▲(7)アングライフェン
△(2)ダンツプリウス、(5)トウシンモンステラ
 破竹の3連勝で朝日杯FSを制覇した2歳チャンピオンの、サトノアレスでいける。実績、実力ともここでは最右翼の存在。皐月賞(11着)の後、一息入っているが仕上がりに不安はない。54?で闘えるのもアドバンテージ。期待できる。

※出走表などのデータは、必ずJRA公式発表のものと照合して下さい。 </span>

Let's block ads! (Why?)